ニュージーランド留学のすべてがわかる!

ワーキングホリデー

ワーキングホリデー

ワーキングホリデーはWorking(就労)+ Holiday(休暇)からなる造語で、一般的に略して“ワーホリ”と呼ばれています。ワーキングホリデーは、一定の期間異なる文化の中で休暇を過ごしながら、就学・就労・旅行などの海外生活を体験することを認める特別な制度です。

ワーキングホリデーに参加するには…

ニュージーランドのワーキングホリデー・ビザは、ニュージーランド移民局のウェブサイトからオンラインで申請できます。年間の受け入れ人数に制限はなく、申請資格を満たした申請者は12か月間のワーキングホリデー・ビザを取得できます。

ワーキングホリデー・ビザ申請条件

  • 申請時の年齢が18~30歳。
  • 日本のパスポートを保持し、パスポートの有効期間が滞在期間をカバーしていること。
  • 子どもを同伴しない。
  • 滞在中の生活に最低限必要な資金を持っている(NZ$4,200)。
  • 初めてワーキングホリデー・ビザを取得する。
  • 往復航空券を持っている、または帰国用航空券を購入できる資金を持参している。
  • 発給日から12か月以内に入国すること。滞在可能期間は入国日から12か月(条件により延長可)。その間は何度でも出入国できる。
  • 最長6か月の就学が可能。

住む

ワーホリメーカーから高い人気を集めている滞在場所は、北島ならオークランド、南島ならクライストチャーチ。滞在方法は、フラット・シェアやホームステイが一般的。フラット・シェアとは、数人でフラット(アパート)を借りて住むこと。ホームステイは、ニュージーランドの家庭で暮らすことで、生活習慣や文化を体験できます。農園でのファームステイもおすすめ。

学ぶ

ニュージーランドのワーキングホリデー・ビザでは6か月間の就学が許されており、複数コースの履修も可能。ニュージーランドには、私立の英語学校、総合大学や工科大学・ポリテクニック付属の英語学校などがあります。それぞれの学校は、NZQA(ニュージーランド資格庁)と呼ばれる政府機関から認定を受けており、質の高い英語教育が受けられます。(詳しくは「英語学校留学」参照。)

働く

ニュージーランドで働くには、IRDナンバーという納税者番号が必要で、手続きはオンラインで行えます。ひとつの雇用先で12か月までの就労が可能です。また、合計で3か月以上ファームワークを行ったことが証明されると、滞在を延長できます。

Guidebook

ニュージーランド留学ガイドブック 2020-2021

ニュージーランド大使館 エデュケーション・ニュージーランド協力の「ニュージーランド留学ガイドブック 2020-2021」には、より詳しい留学情報が掲載されています。無料で送付しておりますので、以下のボタンからご注文ください。