アメリカ留学のすべてがわかる!

大学院留学

小・中・高校留学

アメリカには、大学院課程を提供している高等教育機関が約2,800校があります。この数は、日本の大学院課程を提供している学校の4倍以上にもなります。そうした数の面、プログラムの多彩さ、そして何よりもその質の高さが、世界中から高い評価を受けています。アメリカの大学院には、約2,900人の日本人が留学しています。

アメリカの大学院の種類と特徴

日本と同じように、大学院は4年間の大学教育の次につくられている教育機関(「アメリカの高等教育のシステム」参照)です。大学院へ入学するためには、学士号を取得しているか、それと同等の資格を持っている必要があります。大学院では、特定の分野において大学学部よりもさらに専門性の高い知識やスキルを習得できます。アメリカの大学院では、時代の変化に対応するために、常に教育内容やプログラムの改定・新設が行われています。アメリカの大学院は、ふたつのタイプに大別されます。

修士号プログラム

修士号は通常1~2年間の課程で、修了すると修士号(Master’s Degree)が与えられます。人文・社会科学分野のMaster of Arts(M.A.)、理学・工学・応用科学分野のMaster of Science(M.S.)、経営学のMaster of Business Administration(M.B.A.)、教育学のMaster of Education(M.Ed.)などがあり、そのほかにもさまざまな分野の学位があります。アメリカの修士課程には、❶博士課程に併設されている修士課程を終えて博士課程に進むプログラム、❷博士課程の一部に修士課程が設けられているプログラム、 ❸ Terminal Masterと呼ばれる修士のみで課程が修了するプログラムがあります。

CHECK!
経営学、法学のプロフェッショナル・スクールへの留学希望者は、次のウェブサイトで情報を入手しましょう。

ビジネススクール(経営大学院)留学

ロースクール(法律大学院)留学

master(2)

博士号プログラム

アメリカでは、プログラムによっては大学の学部課程を修了後に修士課程を経由せずに、博士課程に出願できます。博士課程に入学した学生は規定(通常3~5年)のコース・ワークや研究を修了したあとに、総合的な学力や専門知識・研究能力などを審査するための試験(Comprehensive ExaminationまたはQualifying Examination)を受験します。この試験にパスして、初めて博士号の候補生(Doctoral Candidate)になることができます。その後、博士論文(Dissertation)を作成するための研究にとりかかります。大学院によっては一定数の単位を取得した時点で、修士号を授与するところもあります。

博士課程は通常5~8年間の期間で、修了した場合は博士号(Doctoral Degree)が取得できます。博士号の代表的な学位としては、Doctor of Philosophy(Ph.D.)やDoctor of Education(Ed.D.)など。Ph.D.はリサーチ・ドクターとも呼ばれおり、原則として学生独自のオリジナルな研究とそれについての博士論文の提出が要求されます。ただし、自然科学や工学系のように、ほかの分野よりも早い時期に指導教授(Academic Adviser)が行っている研究プロジェクトに参加して、博士論文が作成できる分野もあります。

博士号取得までに要した時間は、平均で大学院課程に入学後約7年間、大学学部課程修了後では約9年。分野別では、教育・人文・社会科学系は、工学・自然科学系よりも長く時間がかかります。

【大学院の入学条件】
▪ 大学院のおもな入学条件は、学士号または修士号の取得。大学以降のすべての教育機関で発行された成績証明書の学業成績の平均点が最低B(GPA 3.0)以上必要になります。また、特定科目の履修やGRE、GMAT、LSATなどの適性能力テストの受験が義務付けられている大学院もあります。
▪ 必要な英語力:TOEFL iBT 79~80/IELTS Band 7.0 以上/英検1級

特殊な学部課程プログラム

大学院の奨学金

博士号プログラム(特に理系)の場合は奨学金の数が多く、支給される可能性も高くなります。また、専門職系大学院(プロフェッショナル・スクール)へ留学した場合は、学術系大学院(グラジュエート・スクール)に比べると奨学金は少ないです。奨学金については、日米教育委員会ウェブサイトまたは独立行政法人日本学生支援機構ウェブサイトを参照してみてください。大学から出される奨学金の有無は、直接問い合わせましょう。また、奨学金は留学時期の1年以上前に締め切られることが多いため、留学の約1年半前までに情報を集めておくことが大切です。

大学院の平均授業料・大学諸経費(年間)

 公立の大学院私立の大学院  
学費$11,926$25,442
(出典:Digest of Education Statistics 2017-18, NCES)
Guidebook

アメリカ留学ガイド 2021

アメリカ大使館後援の「アメリカ留学ガイド 2021」には、より詳しい留学情報が掲載されています。無料で送付しておりますので、以下のボタンからご注文ください。