アメリカ留学のすべてがわかる!

Skip to content

中学・高校留学

中学・高校留学
アメリカの初等・中等教育(小学校~高校)の学年制度は、トータル年数は12年で日本と同じ。しかし、6年・2年・4年制、5年・3年・4年制、8年・4年制など、州や学校によって形式はさまざまです。義務教育は6歳または7歳から始まり、16歳前後で終了する州が多い。学年は小学校から中学・高校まで区別がなく、日本でいう中学1年生は7年生(7th Grade)になります。

中学・高校留学の種類と特徴

アメリカの中学・高校(セカンダリー・スクール)への長期留学には、「交換留学・卒業留学・1年間留学」の3つのタイプがあります。それぞれに特徴や目的に違いがあるので、自分に合った留学の方法を選びましょう。交換留学や体験留学の場合、日本の学校を「休学扱い」にするか「留学扱い」にするかは自分で決めることができます。アメリカの学校で取得した単位は、学校長の判断で36単位を限度に日本の学校で認められます。

交換留学(高校生のみ対象)

▪高校在学中に1年間(9か月)の留学
▪「親善大使」としての文化交流が目的
▪アメリカ人ホストファミリー宅でホームステイし、地域の公立校に通う
▪入学する学校を選ぶことはできない

卒業留学

▪アメリカの中学・高校の卒業を目指す
▪通常2年以上の留学期間で私立校に入学
▪自分の行きたい環境や学校を選択できる
▪多くの生徒は、ボーディング・スクール(寮制学校)の寮に滞在する

1年間留学

▪日本の学校を休学して、1年間留学する
▪アメリカの私立学校に入学
▪自分の行きたい環境や学校を選択できる

高校生の交換留学

高校生の「交換留学プログラム」では、参加生は日本とアメリカを結ぶ親善大使として、学校での勉強、クラブ活動や友だちとの交流、ホストファミリーとのコミュニケーションなど、積極的に行動することが要求されます。履修科目は現地の生徒と同じ必修科目をとる必要はなく、自分の英語力や興味、将来の目標などに合わせて選ぶことができます。ホームステイでは、ホストファミリーと対話する時間をとり、その家族の一員になるよう努力することが大切。それぞれの家庭に決められたルールがあるので、できるだけ早く確認しておきましょう。高校生の交換留学プログラムは、米国務省が実施団体を認可し、プログラムの管理・運営を代行させています。「交換留学」というのは、原則的に現役高校生がボランティア家庭に家族の一員として滞在し、その家庭がある学区の公立高校に1学年間(約9か月)通学するというプログラム(授業料免除)です。しかし、最近ではホストファミリーや私立高校にお金を払って留学する「交換留学」を実施しているサポート団体もあります。

卒業留学

卒業留学とは、アメリカの高校に在籍して「卒業」を目指すプログラム。「私費留学」「正規留学」「進学留学」と呼ばれることもあります。卒業までの期間には個人差がありますが、12年生(高校3年生)に入学して1年間で卒業するには相応の英語力が必要になり、また最終学年での受け入れをしない学校も多くあります。そのため卒業留学をするほとんどの生徒は、期間を2年以上に設定して卒業を目します。ただし、アメリカの公立中学・高校への留学は1年間しか認められていないため、2年以上の場合は私立の中学・高校に留学することになります。卒業留学の途中で断念し、アメリカの中学・高校を中退した場合、日本の高校への復学はむずかしく、そのため休学扱いで留学し、確信が得られた段階で日本の高校を中退するというパターンもあります。アメリカの私立中学・高校には寮制(通学生も在籍)と通学制のみの2種類の学校がありますが、多くの生徒が寮制学校(ボーディング・スクール)に入学します。

1年間留学

日本の高校を1年間休学し、留学後は日本の在籍していた学校に戻る留学。中学・高校一貫学校に在籍している生徒が、高校1年次または2年次に留学する場合が多いです。交換留学と違い、滞在環境や学校選択ができますが、体験留学ではないので卒業留学と同様に試験を受ける必要があります。1年間の留学後に日本の学校を退学し、アメリカの学校にそのまま留学を続けることも可能です。ただ、1年間の成績や生活態度が悪いと進級できないこともあります。

私立中学・高校の中には、英語力の足りない生徒を対象に英語研修(ESL= English as a Second Language)コースを提供している学校があります。通常、学校到着後に英語のテストを受け、自分のレベルに合ったESLコースを受講します。初級~上級までのコースを用意している学校と、中級または上級以上のみの学校があるため、出願時に英語力を証明する試験のスコアを提出する必要があります。英語力に応じて受講時間が決定されますが、初級でも数学や体育、芸術のクラスは現地の生徒といっしょに勉強します。上級のコースになると、ESL 以外はアメリカの生徒と同じクラスをとります。

サマースクール

7月上旬からはじまるものが多く、期間は2週間~8週間。サマースクールの多くは、英語ができなくても参加可能です。英語コースをとりながらスポーツや芸術、音楽などのアクティビティに参加し、アメリカ人や他国の留学生と交流できる。長期留学を視野に入れている人は現地でやっていけるかどうかの判断材料になるので、私立ボーディング・スクールのプログラム参加がおすすめです。
school(2)
Guidebook

アメリカ留学ガイド 2021

アメリカ大使館後援の「アメリカ留学ガイド 2021」には、より詳しい留学情報が掲載されています。無料で送付しておりますので、以下のボタンからご注文ください。