アメリカ留学のすべてがわかる!

渡航準備と生活

taxi

アメリカに留学するには、さまざまな手続きや手配をすることなります。
パスポートの取得はもちろん、留学の条件によっては、テスト受験やビザ手続きが必要です。
そのほか、保険や留学中のお金の管理など、どんな準備が必要なのか紹介しましょう。

[themify_button style=”black block” link=”https://kbunsha.com/america/live#passport”]パスポートの申請[/themify_button]
[themify_button style=”black block” link=”https://kbunsha.com/america/live#injection”]予防接種を受ける[/themify_button]
[themify_button style=”black block” link=”https://kbunsha.com/america/live#flight”]航空券の手配[/themify_button]
[themify_button style=”black block” link=”https://kbunsha.com/america/live#OSHC”]海外旅行保険に加入[/themify_button]
[themify_button style=”black block” link=”https://kbunsha.com/america/live#ISIC”]国際学生証をつくる[/themify_button]
[themify_button style=”black block” link=”https://kbunsha.com/america/live#visa”]ビザの申請方法[/themify_button]
[themify_button style=”black block” link=”https://kbunsha.com/america/live#baggage”]荷物の送付と持参[/themify_button]
[themify_button style=”black block” link=”https://kbunsha.com/america/live#phone”]携帯電話[/themify_button]
[themify_button style=”black block” link=”https://kbunsha.com/america/live#laptop”]ノートパソコン[/themify_button]

[themify_button style=”black block” link=”https://kbunsha.com/america/live#bank”]銀行口座と送金方法[/themify_button]

[themify_button style=”black block” link=”https://kbunsha.com/america/live#card”]カードをつくる[/themify_button]
[themify_button style=”black block” link=”https://kbunsha.com/america/live#accommodation”]滞在方法を決める[/themify_button]
[themify_button style=”black block” link=”https://kbunsha.com/america/live#process”]出入国の手順[/themify_button]
process02

パスポートの申請

パスポートは、ビザを申請するときに必要で、学校への入学申請時にもパスポートのコピー提出を求められる場合があります。持っていない人は出発6か月前までに取得しましょう。パスポートを持っている人は、滞在予定期間を含む有効期限が十分に残っているかをチェック。残りの期間が1年未満の場合は、新しいパスポートを取得しましょう。書類をそろえてパスポート申請窓口に申請すると、受理票(受領証)が渡されます。申請時に知らされる「旅券交付日」以降に、受理票と手数料を持ってパスポート申請窓口に行けば交付されます。申請から交付までは通常1週間程度かかります(土・日・休日を除く)。

injection

予防接種を受ける

アメリカでは入学する際に、ジフテリア、ポリオ、麻疹、風疹に対する免疫証明書の提出を要求される場合があります。また、ほとんどの州が、破傷風、百日咳、おたふくかぜなどの免疫(予防接種など)の証明やツベルクリン反応の結果を提出することを要求しています。事前にどのような証明書が必要か、学校に確認しましょう。必要な場合はかかりつけの医師や保健所に問い合わせて、予防接種証明書などを発行してもらいます。

process04

航空券の手配と注意点

ビザを取得し、滞在先などが決定したらすぐに航空券の予約をします。滞在先の雰囲気に慣れるためにも、できればコース開始の1週間くらい前までにアメリカに入れる便を選びましょう。航空券には、正規運賃の航空券と正規割引の航空券、格安航空券の3種類があります。それぞれに、1年間有効、有効期限つき割り引き、払戻し不可など、特徴や条件などが違うので、自分の留学のタイプや期間に合わせて選びましょう。

process05

海外旅行保険に加入

アメリカのほとんどの学校が、保険に加入することを義務づけています。特にJ-1ビザの留学生の場合、健康保険への加入が法律で決められています。アメリカは医療費用が特に高額な国のため、必ず海外旅行保険に加入しておきましょう。それぞれの保険会社によってサービス内容や緊急時の対応などに違いがあるため、よく調べてから加入すること。

isic

国際学生証をつくる

ISICカード(国際学生証)は、国際的に統一・認知されている学生身分証明書(International Student Identity Card)で、持っていると各種交通機関や美術館や博物館、映画館、劇場といった文化施設の他、飲食店及び宿泊施設等でも割引が適用され、世界中で約15万点以上の特典が受けられます。

visa

ビザ(入国査証)の申請方法

❶志望校からI-20(留学生資格証明書)が届いたら、ビザ(入国査証)取得に必要な書類をそろえて申請します。ビザの手続き方法や必要書類などは変更されることがあるため、必ずアメリカ大使館のウェブサイトおよび米国ビザインフォメーションサービスで最新情報を確認すること。

❷申請書(DS-160)をオンラインで提出します。提出後に発行されるバーコードが印字された確認ページは面接予約時に必要になるため、印刷して保管しきましょう。

❸米国ビザインフォメーションサービスのウェブサイトで、アカウントを作成します。ここで入力する情報は、ビザ申請に利用するため間違いがないように注意します。

❹ビザ申請料は、Pay Easy 対応のATM、オンラインバンキング、クレジットカードのいずれかの方法で支払います。支払い完了後、受付番号が発行される(再発行不可)。この受付番号は面接予約時に必要になるため、必ず書き留めておきます。

❺アメリカ大使館(東京)または領事館(大阪・札幌・福岡・那覇)での面接の予約をします。予約完了後、面接日に申請書類を持参し、領事の面接を受けます(札幌・福岡の場合は、一部申請書類を事前に郵送する)。

❻大使館または領事館での面接後、特に問題がなければ7日~14日程度でビザが発給されます。ただし時間がかかる場合もあるため、必要書類がそろった段階で面接の予約を入れましょう。面接時には10本指の指紋が電子的に読み取られ、登録されます。

留学の種類必要なビザ
英語学校、中学・高校、大学への留学を希望する場合F-1(学生)ビザ。
高校生の交換留学や大学の交流訪問者プログラムに参加する場合学生ビザではなくJ-1(交流訪問者)ビザが必要です。
職業訓練プログラムや私立の専門学校へ留学する場合M-1(専門学生)ビザ。M-1ビザは2年制大学の職業訓練プログラムへの留学も対象になることがあります。

ビザ申請に関する問い合わせ先

コールセンター:050-5533-2737(月~金 9:00~18:00、日米の休日を除く)
 Email: support-japan@ustraveldocs.com

baggage

荷物の送付と持参

日本からアメリカに送付する物は、電化製品や本など、すぐに使用しないもの。持参する物は、搭乗と入国に必要な機内手荷物、到着後すぐに必要とする生活用品など。ただし、機内に持ち込める荷物や食品には制限があるため注意が必要です。

  • 生活用品:歯ブラシ、スキンケア用品、日焼け止めなど、身体に使う消耗品は現地の製品が合わない場合もあるため、日本から持参ししましょう。ホームステイや学生寮に滞在する場合は最低限の物はそろっており、ベッドも机もあります。フラットに住む人は、生活に必要な物を買いそろえてから入居しましょう。

  • 常備薬:カゼ薬や胃腸薬などは、飲み慣れた薬を持っていると安心です。持病のある人は、日本のかかりつけの医者に英文の処方せんを書いてもたいます。体調が悪くなったときにアメリカの医者に見せれば適切な処置をしてくれます。

  • 学用品:おすすめなのは電子辞書。ただ、故障したときに困るため、携帯に便利な英和・和英のポケット版の紙の辞書も持参しましょう。また、日本語で書かれた専門書・参考書も重宝します。
iphone

携帯電話・スマートフォン

留学先で携帯電話(スマートフォン)を持つ場合には、以下の3つの方法があります。

❶ 海外で使用可能な携帯電話を日本から持参する
❷ アメリカで購入・契約する
❸ プリペイド式の携帯端末を購入する

購入はもちろん、レンタルやプリペイドの場合でも、さまざまな会社が携帯電話のプランやサービスを提供しているので、自分の使用頻度をよく考えて決めましょう。

student-849825_1920

ノートパソコン

授業のレポートやリサーチのためのインターネットの利用など、多くの場面で必要になるノートパソコン。アメリカで購入した場合は、日本語環境に設定できるか確認しましょう。アメリカの電圧は110~120ボルトで、周波数は60ヘルツ。プラグ形式は日本と同じAタイプ。現地で日本の電気製品を使うときは変圧器(コンバーター)が必要です。

atm

銀行口座と送金方法

長期留学生が現地で生活費のやりくりをする場合、銀行口座を開いて日本から送金してもらう方法とインターナショナル・キャッシュカードを利用する方法があります。銀行口座を開く場合には、お金を持って銀行に行き、受付で銀行口座を作りたいと伝えると手続きしてくれます。海外送金の方法は、郵便局や外国為替を取り扱う金融機関の窓口から留学先の銀行口座へ送金するのが一般的。インターナショナル・キャッシュカードは国内ではキャッシュカードとして使え、海外でも日本の普通預金口座から現地通貨が引き出せるのが特徴。毎回手数料がかかりますが、多くのATMで24時間365日利用できます。

カードをつくる

カードをつくる

海外生活でのお金の支払いは、現金とクレジットカードの両方をうまく使いこなすのがコツ。クレジットカードは身分証明にもなり、現金を持ち歩かなくても支払うことができるので、18歳以上の場合は用意しておきましょう。また、必要な分だけ入金しておき、海外のATMでドルを引き出すことができる海外専用プリペイドカード「キャッシュパスポート」も便利です。

bed-1158267_1920

滞在方法を決める

  • ホームステイ:英語力の上達だけでなく、アメリカ人の素顔、習慣や考え方などを知る機会となるホームステイ。一般家庭で家族の一員として生活するため、その家庭のルールを守ることが求められます。

  • 学生寮:ほとんどがキャンパス内またはキャンパスの近辺にあります。シングルルームまたはツインルームで、必要最低限の家具が提供され、掃除もしてくれます。寮には各国の留学生が生活しているため、自然と国際交流がはかれるというメリットがあります。

  • アパート:18歳以上の留学生は、個人でアパートを借りたり数人でシェアすることができます。ただし、シェアをする人は事前にルームメイトと費用の支払いなどについて、しっかりと話し合っておきましょう。保証金や家賃の支払い方法、共同で使用する物の確認、掃除の分担、電話代、光熱費をどうするかなど、細かく決めておきましょう。シェアメイトは、学校に相談すれば掲示板での募集や学生の紹介をしてくれます。
airport-1515431_1920

出入国の手順

  • 出発時の搭乗手順:まず、機内に持ち込む手荷物と航空機に預ける荷物を分けておきます。国際空港には出発の2時間前までには着くようにしましょう。日本からアメリカまでは、たとえばニューヨークだと直行便で約13時間かかります。日本との時差は-14時間から-19時間(ハワイ)、サマータイムの期間は-13時間から-18時間。機内ではエコノミー症候群を防ぐために、手足の指を動かしたり、シートベルトのランプが消えているときに静かに歩いたりしましょう。

  • 入国審査:アメリカの空港到着後は、到着ロビーに出るまでに入国審査を行う必要があります。乗り換えの人も、最初に到着した空港で入国審査を受けます。日本からアメリカ直行便で入国する場合は、検疫は必要ありません。入国審査では、下記の6点の書類を提示します。また、両手10本指のスキャンとデジタル写真撮影が行われ、入国者がビザ取得者と同一人物であるかチェックされます。出入国審査官に書類を審査され、パスポートに入国スタンプが押されます。この際、I-94出入国記録カードは渡されないが、留学生は留学中にI-94の提示を求められる場合があります。そのような場面に備えて、入国後に必ずCBPのウェブサイトにアクセスし、I-94記録をプリントアウトして手元に持っておきましょう。アメリカ出国前には、I-20またはDS-2019に署名した担当者(多くの場合、留学アドバイザー)のサインが必要になるため、アメリカから国外に旅行する前は、必ず担当者に会って必要書類などを確認しておきます。アメリカ出入国および滞在資格・期間についてはさまざまな改定が予想されるため、日米教育委員会のウェブサイトを参照のうえ、担当者(留学アドバイザーなど)に確認しましょう。

入国審査に必要な書類
❶ ビザシールが貼られたパスポート
❷ 入学許可証(I-20またはDS-2019)
❸ 英文の財政能力証明書
❹ 入学を許可する手紙
❺ I-901SEVIS費確認書
❻ 入学許可証(I-20またはDS-2019)に署名した担当者の氏名、連絡先(住所、電話番号)


  • 荷物の受け取りと税関審査:入国審査が終わったら、乗ってきた航空便の便名の表示が出ているターンテーブルから自分の荷物を受け取ります。自分の荷物が出てこないときにはClaim tag(預かり証)を持って、lost baggageの係官のところへ行きます。荷物を受け取ったら、税関を通過します。アメリカ製品以外のパソコンは学業のために個人で使用する場合は課税されませんが、申告が必要になります。入国カードの「アメリカに持ち込もうとしている物品」の「はい」の欄にチェックをした人は赤色の出口で申告をする。荷物の中身について聞かれるため、英語で説明できるようにしておきます。申告物がない場合は緑色の出口に進み、入国カードを渡してロビーに出ましょう。

アメリカの通貨(お金)

アメリカの貨幣の単位はドル($)で、紙幣は1、5、10、20ドル単位のものが多く使われていて、50ドルと100ドル札はあまり見かけないでしょう。硬貨は、1セント(ペニー)、5セント(ニッケル)、10セント(ダイム)、25セント(クォーター)があります。1ドルやハーフドル(50セントのこと)もあるが、ほとんど使われることはありません。アメリカの生活習慣の中で、定番になっているものといえば「チップ」。目安は料金の15%程度でOKですが、高級なレストランなどで特別と思えるようなサービスを受けたときは20%くらい払います。カウンターで食事などをした場合には、25セント(クオーター)1、2枚を食器のわきに置きます。また、セルフサービスの店やファーストフード店では、チップは不要。タクシーのチップは、代金の10%~ 15%を渡すのが一般的です。

留学先の学校に行く

アメリカと日本の時差は、ニューヨークなどの東海岸が-14時間(夏時間では-13時間)、ロサンゼルスなど西海岸は-17時間(夏時間では-16時間)あります。到着後、時差ボケを早めに解消するためにも初日から現地の時間に合わせて生活しましょう。また、留学する学校に実際に行ってみましょう。学校までの交通機関や混雑状況、所要時間などを確認し、登校や学校生活の不安や心配を少しでも減らしておくと安心です。留学生オフィスがどこにあるか確かめておくと、戸惑わないで済みます。寮ではなく学外にアパートを借りる予定の人は、留学生オフィスで相談しましょう。

住む街を散策する

まず、自分が住む街の詳しい地図を手に入れて、街の雰囲気や周辺環境をチェックします。駅やバス停をはじめ、郵便局、銀行、スーパーマーケット、レストラン、ファーストフード店、書店、電器店など、日常生活の中で利用する場所を見てみます。通学に電車やバスを利用する人は、実際に乗ってチケットの買い方やマナー、車内の雰囲気、学校までの所要時間などを確認しておきましょう。

滞在先のルールをチェック

ホームステイや学校の寮など、滞在する場所の規則やルールを確認することは大切です。最初に確認しておかないと、ホストファミリーやルームメイトとのトラブルの原因になりかねません。たとえば、食事の時間、シャワーやトイレの使い方、洗濯、消灯時間、門限などをはじめ、特に共有スペースや機械類についてのルールは、はじめにきちんとチェックしておきます。うまくコミュニケーションがとれない場合には、ルールを紙に書いてもらって確認しましょう。

在留届を提出

外国に3か月以上滞在する日本人は、その地域を管轄する日本国大使館または総領事館に、氏名をはじめ、パスポート番号、連絡先などを記載した「在留届」を提出しなければなりません。在留届を出しておくと、留学生は日本政府の行政サービスや緊急連絡を受けることができます。アメリカに3か月以上留学する人は、在アメリカ日本大使館または総領事館に在留届を提出しましょう。

外務省(在留届電子届出システム「ORRnet」)

病気のときは…

病気になった場合、ホストファミリーや学校の留学生アドバイザー、スタッフに相談しましょう。大学に通っている場合は、大学内のヘルス・クリニックに行きます。歯科、産科および精神に関わる病気以外は、診療所で診断が可能です。診察料はすでに支払っている学生健康保険料でカバーされます。また、アメリカではそれぞれの家庭や学校に担当のホームドクターがいて、軽い症状のときはその医者が診察します。症状が重いときや専門的な検査、治療などを必要とするときは、ホームドクターから専門医を紹介してもらいます。また、日本語が通じる病院を探しておくと良いでしょう。救急車(有料)を呼ぶ場合は、電話で911をダイヤルします。

安全を最優先に

アメリカに着いたら、警戒が必要な場所を学校のカウンセラーやホストファミリーに聞いてみましょう。アメリカの各大学は、公共や個人の安全性に関するパンフレットを配布したり、オリエンテーションを行ったりしているため、情報を入手します。留学中は、どんなときも「安全を最優先」にする生活と行動を心がけることが重要です。
Guidebook

アメリカ留学ガイド 2021

アメリカ大使館後援の「アメリカ留学ガイド 2021」には、より詳しい留学情報が掲載されています。無料で送付しておりますので、以下のボタンからご注文ください。