カナダ留学のすべてがわかる!

IECワーキングホリデー

IECワーキングホリデー

「ワーキングホリデー」はWorking(就労)+ Holiday(休暇)からなる造語で、若者に就学・就労・旅行など、海外生活を体験することを認める特別なプログラムです。カナダは1986年に日本と協定を結んで以来、多くの学生や社会人から高い人気があります。カナダのワーキングホリデーは、International Experience Canada(IEC)のプログラムに属します。

IECの目的と参加条件

IECワーキングホリデー制度の目的は、「若者が相互に理解し合って友好を深めるため、活発な国際交流をはかる」こと。つまりカナダで仕事をしたり現地の人と異文化交流をしたりして、国際理解を深めるためにある制度といえます。IECプログラムで滞在している間は、6か月以内なら学校に通うこともできます。IECプログラムに参加する場合は、次のような条件や規約があります。

プログラム参加条件

  • 日本の国籍を有する
  • 有効なパスポートを持っている
  • 申請書に記載する日本の住所があること
  • 年齢が、申請提出時点で18歳以上30歳以下である
  • 以前にこのプログラムを申請し、ワーキングホリデー就労許可通知書の発給を受けていない
  • 最低C$2,500相当の資金を有している
  • 滞在期間中の傷害、疾病をカバーする医療保険に加入すること (カナダに入国する際、医療保険の加入を証明するものを提示するよう、求められる場合がある)
  • カナダ入国資格を有すること
  • 扶養家族を伴わないこと
  • 往復航空券または帰りのチケットを購入できる資金の証明があること
  • 申請に伴う一連の費用の支払いができること
※IECワーキングホリデー就労許可が下りるとeTAも同時承認されるため、別途eTAを申請する必要はありません。

IECワーキングホリデーの3つのポイント

カナダに住む

カナダのワーホリメーカーに人気の滞在場所は、ブリティッシュ・コロンビア州のバンクーバー。また、ナイアガラの滝があるオンタリオ州のトロントも高い人気を集めています。渡航当初はホームステイをして、慣れてきたらシェア生活に移るのが一般的です。ホームステイはカナダの家族と暮らすことで、カナダ人の生活習慣や文化を体験できます。多くの語学学校が、滞在先を手配するサービスを提供しています。

カナダで学ぶ

カナダのIECワーキングホリデー許可証では、最長6か月間まで就学が許されています。カナダでは英語とフランス語が公用語として定められており、州や学校によっては両方の言語を勉強することができるので、フランス語習得のチャンスもあります。歴史的に多くの移民を受け入れてきたカナダの人々は、外国人に対して聴き取りやすい英語で話してくれるため、勉強もしやすいでしょう。

カナダで働く

カナダで働くためには、ソーシャル・インシュアランス・ナンバー(SIN=社会保険番号)が必要です。最寄りのService Canada Centreで手続きをすることができます。

workingholiday(1)

IECワーキングホリデーに役立つウェブサイト

Guidebook

カナダ留学ガイド2020

カナダ大使館の協力を得て、恵文社が発行している「カナダ留学ガイド2020」には、より詳しい留学情報が掲載されています。無料で送付しています。