カナダ留学のすべてがわかる!

Skip to content

中学・高校留学

canada-(1)

カナダの中学・高校への長期留学には、「体験留学」と「進学留学」の2種類があります。私立校と公立校があり、カナダ人の中高生の約95%が公立校に通っています。カナダの高校では、学期ごとに生徒一人ひとりが自分の進路と興味に合った科目を選び、自分の時間割をつくって勉強するシステムになっています。

カナダの中学・高校教育の特徴

連邦国家のカナダでは各州が独立した自治権を持っており、教育方針においてもそれぞれの州の教育省によって決められています。そのため、州ごとに義務教育年齢や必修科目、入学基準、卒業に必要な単位数や条件、成績評価の基準などが異なります。

カナダには約5,500校の中学・高校があり、そのほとんどが公立校。カナダ人の中高生の95%は公立校に通っています。国際的な学力比較テストでもカナダの教育水準は高く、塾や予備校などがないことも含めて考えると、カナダの中学・高校の最も大きな特徴は「公立校の質の良さ」といえるでしょう。

カナダの学校のシステムでは、学期ごとに生徒が自分に合った科目を選び、自分の時間割をつくります。必須科目のほか、会計学、マーケティング、ウェブデザイン、演劇、写真、美容、観光学など、幅広い選択科目が用意されています。どの学校にも複数のカウンセラーがおり、履修科目のアドバイスなどを行っています。

グレード11~12(高校2~3年生)では、世界中の多くの大学で入学資格として認められているIB(International Baccalaureate)や、高校の授業で大学の単位が取得できるAP(Advanced Placement)プログラムを提供している学校もあります。また、スポーツや芸術のプログラムも充実しており、アウトトドア教育も積極的に行われているカナダの学校では、勉強以外の場面でも自分の能力を発揮する機会が十分に与えられています。

公立校の特徴

  • 日本で主要科目の5段階評定平均が3程度の成績なら、ほとんどが入学できます
  • 個々の学校ではなく、希望する地域の教育委員会に入学の申し込みをします
  • 入学試験はなく、書類審査をパスすれば入学できます
  • 一般的には私立校よりも規模が大きく、生徒数は1,000~2,000人の学校が多い
  • 男女共学
  • 留学生はホームステイでの滞在が一般的

私立校の特徴

  • 入学申請書類を提出してパスすると、実力と英語力を測る入学試験が行われるケースが多い。現地でテストが受けられない生徒は日本でSSATを受験し、その結果で審査してもらいます
  • ほとんどが小学校~高校までの生徒を受け入れています
  • 生徒数は800~1,000人の学校が多いですが、400~600人の小規模校もあります
  • 寮制やホームステイ制、男子校、女子校、共学校など、タイプはさまざま
  • 大学進学準備、宗教に基づいた教育、全人教育など、独自の教育方針で運営
  • 公立校に比べて学費が高く、個々の生徒に対して丁寧なサポートが行われている

体験留学

カナダの中学・高校生活や日常生活を体験しながら、英語力をつけることを目的とした「体験留学」プログラム。滞在期間は、1か月以上~1年程度。日本帰国後に進級するか留年するかは、出発する前に日本の学校と相談して決めておきます。日本の学校長の判断で、36単位を限度にカナダで取得した単位が日本の学校の卒業単位として認められます。

サマースクール

夏休みに行われる3週間~4週間のプログラム。アクティビティが数多く盛り込まれており、人気があります。冬や春に短期プログラムを提供しているところもあります。

k-12(2)

進学留学

カナダの中学・高校で単位取得や卒業を目的とした「進学留学」プログラム。日本人が進学留学をする場合、ほとんどがカナダの高等教育機関への進学が前提のアカデミック・コースを目指します。しかし、英語力が足りない留学生はアカデミック・コースでの勉強に加え、留学生向けの英語コース(ESL)も履修することになります。ESLでは、まず英語力を審査され、自分の英語レベルに合ったクラスで勉強することになる。

また、私立校の多くは留学生のための英語コース(ESL)をグレード10までしか設けていません。グレード11~12は進学に必要な単位を取得するカリキュラムになっているため、英語力が足りない場合はグレード9から入学したほうが無難でしょう。

日本の学校を3月に卒業して留学したい場合は、4月~8月まで現地の英語学校に通い、9月からの新学期入学に備える方法もあります。また、4月~8月までの「ブリッジ・プログラム」という進学準備コースを提供している学校も。

カナダの中学・高校を中退した場合、日本の高校への復学は難しいでしょう。再度受験して入り直すか、大検を取得して高校卒業資格を得ることになります。そのため、日本の学校を休学(留年)して進学留学をするケースもあります。

カストディアン(後見人)の手配

カナダに未成年の生徒が留学する場合には、カストディアン(Custodian=後見人)が必要です。カストディアンとは、留学生が急病になったり事故にあったりしたときに、責任を持って対処してくれる人のこと。公立校の場合、通常は学校の校長や教育委員会のメンバー、ホストファミリーなどが担ってくれます。私立校、公立校でも州や地域によっては、カストディアンの手配を民間企業に委託しなければならない場合があるため、留学先の教育委員会や学校に確認しましょう。

未成年の生徒は、すべて公証印のある宣誓書の提出が必要になります。また、州によって18歳未満を未成年とする州と、19歳未満を未成年とする州があります。詳しくは、カナダ移民・難民・市民権省(IRCC)のウェブサイトで確認すること。

学費を含めた費用の目安

【公立校】

  • 授業料:C$11,000~C$15,000 /年
  • 滞在費:C$800~ C$950 /月
  • その他の費用:C$1,400~ C$1,800/年

【私立校】

  • 授業料と寮(ホームステイ)費、その他費用を合わせてC$45,000~ C$75,000/年

中学・高校留学に役立つウェブサイト

カナダ私立学校協会
カナダ公立教育委員会国際協会
Guidebook

カナダ留学ガイド2021

カナダ大使館の協力を得て、恵文社が発行している「カナダ留学ガイド2021」には、より詳しい留学情報が掲載されています。無料で送付しています。