カナダ留学のすべてがわかる!

Skip to content

カナダ留学に必要なテスト

カナダ留学に必要なテスト
カナダへ進学や留学をするときに、出願時に必ず問われるのが「英語力」です。カナダのほとんどの学校が、留学を希望する学生にIELTS やTOEFL テストなどのスコアを要求しています。また、適正能力テストを受ける必要がある学校もあります。入学に必要なテストは、各大学のウェブサイト、学校要覧などで確認しておきましょう。

IELTS

カナダ留学に必要なテスト

IELTSは、英語力を公正かつ多角的に評価するために開発されたテストで、世界受験者数は現在年間350万人以上。世界140か国、10,000以上の教育・国際・政府機関等が採用しています。

テストは、英語で授業を行う大学や大学院に入学できるレベルに達しているかどうかを評価する「アカデミック・モジュール」と、英語圏で学業以外の研修や移住申請を行う人のための「ジェネラル・トレーニング・モジュール」に分けられます。いずれもリスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4技能の試験があり、問題はアカデミックなものから実生活に則したものまで出題され、英語の運用能力を正確に測ることが可能となっています。筆記テストはペーパーペースで、スピーキングテストは実践的なコミュニケーションを測定するマンツーマンの面接形式で行われるのが大きな特徴です。

全国16都市で実施され、東京、大阪、福岡、名古屋では月1回以上の受験チャンスがあります。受験回数に制限なく繰り返し受験が可能です。受験料は1回あたり税込25,380円(2020年12月現在)。申し込みは日本英語検定協会IELTSのウェブサイトから行います。支払いはクレジットカードの一括払い、コンビニ(ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・セイコーマート)、郵便局ATMの方法があります。

実用英語技能検定(英検)

カナダ留学に必要なテスト

実用英語技能検定、通称「英検」は、文部科学省が後援する国内で受験者が最も多い実用英語試験のひとつ。2020年12月現在、北米を含む約400の大学・カレッジが留学時の語学力証明として英検を認定しています。認定校は「英検で海外留学」ウェブサイトで検索することができます。

英検の試験問題は、リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4技能のバランスが重視され、社会で求められる実用英語が出題されています。試験は日本全国で年3回実施され、3級以上は一次試験(筆記・リスニング)と二次試験(面接)の両方をパスして合格となります。隣接級を同時に受ける「ダブル受験」も可能です。

TOEFL iBT® テスト

TOEFL®テスト(Test of English as a Foreign Language)は50年以上にわたって世界中で受験されているテストで、アメリカのEducational Testing Service(ETS)がテストの開発、運営を行っています。現在約150か国、11,000以上の機関が英語力の証明として認定しています。

インターネット技術が投入されたTOEFL iBTテスト(Internet based Test)により、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を一度のテストで測定します。TOEFL iBTテストは年間約45回、土・日を中心にほぼ全国で実施されています。

受験を申し込む場合は、受験要綱(TOEFL Information and Registration Bulletin)をETSのTOEFLテスト公式サイトからダウンロードします。オンライン、郵送、電話での申し込みができます。受験料は、Regular registration(試験日の7日前までに申し込む)の場合はUS$235、Late registration(オンラインは試験日の4日前、電話受付は前営業日17時までに申し込む)はUS$275

中学・高校留学に必要な試験

IELTSや英検、TOEFL®テストのような英語能力試験のほかに、場合によっては適性能力テスト(中学・高校留学に必要な試験)を受けなければならない学校もあります。希望の学校に入学するために必要なテストは、各学校の公式ウェブサイト、学校要覧などで確認しておきましょう。

TOEFL Junior®

カナダ留学に必要なテスト

TOEFL iBT®やTOEIC®を開発するETS(Educational Testing Service)が新たに開発した中高生を対象としたテストで、「読む」「聞く」の2技能を測定するペーパーベーステスト。テストは海外の学校や日常生活で実際に使われている英語を題材にしており、世界基準の英語力証明を取得できることが特徴。個人受験(公開テスト)と団体受験(学校・団体がまとめて申し込んで実施)があり、それぞれ申し込み方法が異なります。TOEFL Junior®の個人受験の受験料は4,500円(税込)。学校などでの団体受験の場合は、割引価格が適用されます。

SSAT

SSAT

SSAT(Secondary School Admission Test)は、英語・数学・読解のテストで、作文もあります。カナダの中学・高校へ入学する場合に、スコアを要求されることがあります。日本では東京のアメリカンスクールと、名古屋インターナショナルスクールで年に数回行われています。

Guidebook

カナダ留学ガイド2021

カナダ大使館の協力を得て、恵文社が発行している「カナダ留学ガイド2021」には、より詳しい留学情報が掲載されています。無料で送付しています。