語学留学のすべてがわかる!

フィリピン

各国の基本情報

Republic of the Philippines

  • 首都:マニラ
  • 面積:約30万㎢
  • 人口:約1億840万人
  • 公用語:フィリピノ語・英語
  • 通貨:フィリピン・ペソ(PHP)
  • 時差:-1時間
  • 費用の目安:30~75万円(3か月)
  • ワーキングホリデーの有無:なし

7,000を超えるたくさんの島々で構成されているフィリピンは、アジア・ヨーロッパ・アメリカが折り重なった文化を持っています。素朴で温和な国民性を持つフィリピンの人々は、その多くが親日的。豊かな自然とアジアのリゾートとして知られる生活環境には、東京-マニラ間が約4時間という距離の近さもあり、多くの日本人が惹きつけられています。

フィリピン語学留学のポイント

point01

世界で6番目に英語を話す人口が多いといわれるフィリピンは、語学留学先として人気が急上昇している国。他の英語圏の国に比べてリーズナブルに長時間のマンツーマンレッスンが受けられ、短期間で集中して英語が身につけられます。「他国へ留学する前にフィリピンで英語力をUP」というパターンも定番化しています。

point02

フィリピンには、第2公用語として英語を身につけた歴史があります。そのため語学学校のカリキュラムは、英語を母国語としない人のための工夫が重ねられており、教師の説明も巧み。同様に英語が母国語ではない日本人にとって、ネイティブの教師に教わるより説明が理解しやすいことも高い人気の理由です。

point03

直行便で4~5時間という近さに加え、時差もわずか-1時間しかないため、到着後すぐに留学生活が始められます。また、フィリピンには親日家が多いため、日本人との交流を希望する現地学生と授業以外でも交流でき、語学力のUPにもつながります。

フィリピンに留学する場合、滞在が30日以内の場合はビザ手続き不要。ただし滞在期間に関わらず、現地のフィリピン入国管理局でSSP(=Special Study Permit)の取得が必要です。

代表的なスポット

正式名は「メトロマニラ」と呼ばれる首都。国を挙げてエンタメ施設などを次々にオープンしており、活気があります。

マニラ

正式名は「メトロマニラ」と呼ばれる首都。国を挙げてエンタメ施設などを次々にオープンしており、活気があります。
近代的施設が多数存在し、屈指のリゾートとして有名です。島の中心セブ市は「Queen City of the South」の愛称を持っています。

セブ島

近代的施設が多数存在し、屈指のリゾートとして有名です。島の中心セブ市は「Queen City of the South」の愛称を持っています。
フィリピン有数のリゾート・アイランド。島の西に広がる約4㎞のホワイトビーチが、夕暮れで真っ赤に染まる光景は必見です。

ボラカイ島

フィリピン有数のリゾート・アイランド。島の西に広がる約4㎞のホワイトビーチが、夕暮れで真っ赤に染まる光景は必見です。
Guidebook

はじめての語学留学
2019-2020

KBUNSHAが発行する語学留学を考える人のための無料情報誌です。世界12の国・地域を紹介しています。以下のボタンからオンライン版をご覧いただけます。