「ワーキングホリデー」は、Working(就労)+Holiday(休暇)からなる造語で、海外生活を体験することを認める特別な制度。
一般的に「ワーホリ」と呼ばれていて、18~30歳の日本人は日本政府と協定を結んでいる国で1年間生活することができます。
若者の特権を生かして、ワーキングホリデーで自由に過ごしてみましょう。

準備から渡航後まで

ワーホリをするには、パスポートやビザ、航空券の購入、保険への加入など、さまざまな手続きが必要です。また、渡航後には在留届を提出する必要があります。

サポート企業の紹介

渡航するまでの手続きや情報収集などを手伝ってくれるのが「サポート企業」。サポート企業には専門家であるカウンセラーがいて、さまざまな情報を提供してくれます。

語学学校の紹介

渡航先での生活や仕事など、充実したワーキングホリデーを送るには現地の言語を話せることが重要です。まずは語学学校に通って、言語を習得しましょう。

ワーキングホリデー体験記

実際にワーキングホリデーを経験した体験者の話を掲載しています。体験者の話を読んで、具体的なイメージをつかみましょう。

ワーキングホリデー・ハンドブックには、より様々な情報が掲載されています